MTAとは Mineral Trioxide Aggregateの略です。これの成分は、本来歯に含まれているカルシウム系の物質です。
1993年に米国で開発された歯科用の水硬性セメントで、諸外国では、1998年以降、虫歯や歯科治療によって歯の底に穴があいた場合や歯にひびが入った時などに用いて実績を挙げています。
ただの虫歯の穴ではなく、歯から骨に抜ける穴を埋めるのに使うことが可能なセメントなのです。海外では、様々な臨床応用が認められていますが、日本では2007年に覆髄材としてのみ、薬事認可されました。
MTAセメントは、歯科材料の中では珍しく濡れている環境でも硬化でき、硬化するとき膨張するという特徴があります。なので、根の先が大きく開いている場合などは出血や浸出液のコントロールが難しいため従来の方法よりこのMTAセメントの使用を薦めております。

MTAセメントとは?

MTAメントは封鎖性にとても優れており、隙間が少ないので、虫歯菌が侵入することは非常に困難です。MTAは、根っこの修理に使用することを厚生労働省は、認めておりませんが、アメリカをはじめ海外では、それしかないといわるほど一般的な治療法です。厚労省の認可のない治療法になるために現在は自費治療扱いになります。

MTAセメント使用が可能なケース

むし歯の神経を守る為の薬

虫歯の治療で歯を削りますが、無事虫歯を全て取り除いたと思いきや、『あれ?ピンク色の点が見えるぞ!』とこんなシーンがあります。
点状露髄といい、虫歯が深かったため神経の一部が露出してしまった時に見られます。こんな時は神経を取らざをえなかったのですがMTAセメントを塗りこむことで、神経を取らずに歯を治療できる場合があります。
歯の神経を守るためにMTAセメントを使うことを『覆とう』といい、直接覆とう材としての認可が日本でもおりてます。

歯の状態
神経と虫歯が遠い
神経と虫歯が遠い
従来の治療法
神経を残せる
MTAセメント
神経を残せる
歯の状態
神経と虫歯が近い
神経と虫歯が近い
従来の治療法
神経を抜く
MTAセメント
神経を残せる
歯の状態
神経が虫歯に触れている
神経が虫歯に触れている
従来の治療法
神経を抜く
MTAセメント
神経を抜く
歯の状態
神経を侵食しているい
神経を侵食しているい
従来の治療法
抜歯
MTAセメント
抜歯

根管充填として

根管充填(神経に充填材を入れる作業)にはガッタパーチャポイントが使われますが、根尖が破壊された歯の充填材にガッタパーチャポイントを使ってもうまく封鎖できず、再発してしまうことがありました。
MTAセメントは破壊された根尖を埋めてしっかり封鎖することができます。

ひびの入った歯を接着する

根神経がなくなってしまった歯は脆くなり、歯にひびが入りやすくなります。
小さなひびであればMTAセメントで埋めることによって、歯のひびを封鎖し、細菌が入りにくい状態にすることができます。
MTAセメントはこの組織液や血液があっても問題なく吸水し固まります。固まった後は膨張することでより確実にパーフォレーション部を封鎖してくれます。

歯にできた穴を補修する

歯の治療を何度も繰り返していると歯は薄くなり、穴が空いてしまうことがあります。穴が空いた部分から細菌が出入りし、歯茎が腫れたり、膿が出るのが繰り返されます。MTAセメント使用し穴を埋めると、細菌の侵入を防ぎ、密封性が高く隙間がほとんどないため、一旦固まってしまえば、新たに虫歯菌が侵入しにくいという利点もあります。

MTAセメントの4つの特徴

強い殺菌作用

MTAセメントは強いアルカリ性があり、細菌を殺菌する作用が高いです。
多くの細菌はpH9.5で死滅すると言われています。
練和後pH12.5の強アルカリ性を示し、高い殺菌性を備えています。

高い封鎖性

MTAセメントは硬化する際に膨張する性質があります。
この膨らみによって細菌が繁殖する隙間をなくすことができます。通常の歯のセメントなどは固まると縮小します。そのため、時間の経過とともに隙間ができ、細菌が入り込んで感染しやすくなります。

体に優しい生体親和性

MTAセメントは体の中に入れても悪い影響がありません。
そのため歯に穴が空いているところを埋めたり、歯の根の先を埋めたり、体の一部と接するようなところに詰めて、その周りに新しい組織が作られていきます。

水分があっても固まる親水性

MTAセメントは水分があっても固まることができる親水性です。
歯科材料の多くは水分があると固まらなかったり、溶けてしまったりします。体の多くの部分は水分血液です。MTAセメントは親水性なので、神経の出てしまった部分や根の先など水分があっても固まることのできる材料です。

市川でMTAセメント治療をご希望の方。

水野デンタルクリニックでは、MTAセメント治療でをご希望で来院される患者様も多数いらっしゃいます。
興味がある方は「MTAセメント治療で」とお声かけください。